ヤンデル先生

現病歴という名のストーリー

精神科の現病歴。 「その患者さんの症状経過という“ストーリー“を意識してください。」 そんな指導をしたことがある。 多分、断片的な事実の羅列の記載になっていて、患者さんの変化が、突然なのか、徐々に起こったものか、読んでいて把握できなかったから。…

Twitterは、一般的なインフラになっちゃっているからと言えば、それまでだが。

Twitter社の買収関連の話題の時に、「災害時のインフラとしての役割もある」という意見もあって、十分納得できまして。それならば、それにふさわしい振る舞い方も、ユーザー側は意識してもいいんじゃないかなぁという自分勝手な判断です。— psykoma (@psykom…

Twitterの懐の深さ

Twitterの固定ツイート 医療関係(特に、精神科治療関係)については、「一昔前の大学の医局で、夜になると若手をつかまえて、ビール片手に、自分の医療観を偉そうに語る老害になりつつある医者」というスタンスのアカウントがこちら。医療者はともかく、そ…

「フラジャイル」の主人公である病理医は、どんな仕事をする人か。

ドラマ「フラジャイル」始まる 昨日、2016年1月13日。ついに、ドラマ「フラジャイル」が放送されましたね。 www.fujitv.co.jp 第1話をみての、私の感想はこちら。 ドラマ「フラジャイル」第1回視聴終了。うん。けっこう切り口が難しいはずの原作漫画を、上…

「サヨナラ」ダケガ人生ダ

「そこまでやるのか」 人の心を動かすのは、「そこまで、やっちゃうの?」と相手に思わせるくらいに踏み込んでいく姿勢なんだよなぁ。きっと。— psykoma (@psykoma) 2015, 10月 13 自分と同じ道を歩むかもしれない一人に語りかけるために、その分野に関わる1…

「じっくりかしこく」ふるまうために

ふと思い出したツイート 詳しい内容は、当然言えないのだが、「あーでもない、こーでもない」という不毛っぽい話で煮つまっていた。その時に、ふと思い出したのが、ヤンデル先生の過去ツイート。 いまつらいやつ あとで必ずへんじするからリプライよこせ 知…

心の澱みの解消方法

こんなツイートが目にとまった 入れて出してを高速でやると疲れるのでたまにはゆっくり愛撫だけで終わろう、ということです。— 病理医ヤンデル (@Dr_yandel) 2015, 6月 22 ……、間違えました 「俺の場合は疲労は澱み」と書き、「澱みを解消するには代謝の回転…

病理専門医ヤンデル先生の業績?

病理専門医のヤンデル先生 「病理医とは」と語る 今朝のヤンデル先生の連続ツイートのまとめがこちら。ヤンデル先生の考える「病理医」は、実に刺激的で面白い職業に思える。 ヤンデル先生の語る「病理医とは (2015/6/17)」togetter.com 今回のまとめでは…

小気味よいフレーズ

このツイートが気になった ところでぼくは一日に一回乳酸菌飲料を飲むと体調がよくなると思ってるんですけど、医学的にいいと思ってるわけではなくて「今日も自分で決めたことを遂行できたこと」に安心しているところが大きく、これはたとえば「めちゃくちゃ…

「媚びて」、尚……

ヤンデル先生の仰る「媚びる」とは 病理医ヤンデルの白熱対比・第2話「しっかり立て!粘膜筋板は床である」(Facebookページ連載記事: http://t.co/MovfJenaZS を更新しました。実はここ2,3週間ほど更新できないでいたのですが、最後のところに「言い訳」…

こういった業績は、どうやって評価すればいいのか

これは、凄いと思う たった今、今年度の業績をまとめていたんですけど、「小説すばる」に掲載された病理医ヤンデルのコラムを業績にのせていいかどうかわかんなくて、とりあえず総務課に聞いてみようと思ったんですけどやっぱりやめました!ごめんなさい!ぼ…

どう考えてもお節介なんだけれど、老害に近づいているから、生暖かい目で見守ってほしい

申し訳ないけれど、信用していないんだ。あしからず 「以前○○というアカウントでしたが、新たにアカウントを作り直しました。よろしくお願いします」みたいなメッセージが、時々やってくる。 でも、よほどの場合でなければ、新しいアカウントに対しての信頼…

メモ : 価値観を認める (エリック氏のツイートより)

ヤンデル・クラスタには、あいかわらず勉強させてもらっている もう、ひれ伏すしか無い連続ツイート コミュ障はコミュ障なりに人と上手く付き合う術を日々模索しているところですが、相手の目線に立つとか、相手の気持ちになって考えるとか漠然な事を言われ…

じっくりかしこくな

こんなツイートが目にとまった 2012年12月7日に起きたM7.3の余震に対するヤンデル先生のツイート。「知性でのりきるぞ 無理はするな じっくりかしこくな」今後も不慮の災害とかトラブルに遭遇するかもしれないけど、心に命じておきたいことば。 https://t.co…

病理医ヤンデル先生の連続ツイート:「臨床の心」

病理医にとっての分水嶺 今は臨床診断の精度が高いので、(臨床診断のプロセスをきちんと理解している)病理診断医にとってみれば、「病理所見だけを見て決めるわけではないので、誤診をする方が難しい」。 それだけに、たまに遭遇する「病理だけで決めない…

ネタフリを間違うと、トンデモナイことになる。それが地獄のツイッタランド

あるあるネタになるのだが…… あまり親しくもない近所の人に、「これから、お医者さんになるのなら、何科がお勧め?」みたいなことを聞かれる。 思わず、「本人の行きたいところに行くしか無いんじゃないの?」とTwitterで言うクソリプ対応をしそうになる。最…

人の「迷い」を吹き飛ばす

フラジャイル 2巻購入 本日2月23日発売。忘れないうちに、kindleでポチした。 フラジャイル 病理医岸京一郎の所見(2) 作者: 草水敏,恵三朗 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2015/02/23 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る リアル本屋での迷…

今日ノートに書いたこと

今日の書き出し作業 moleskineへの記録。ノートへの書き出し作業終了。今朝のヤンデル先生のツイートが、ずっと心に引っかかったので、自分なりに考えなおしていた。— psykoma (@psykoma) 2015, 2月 5 引っかかったツイートがこちら 「生きているだけで丸儲…

「自分の心」語り

基本的にtogetter好きじゃないんですけどね 「エンバーマーだりあんぬ」さんが、自殺に関連したツイートが目にとまった。公式RTしちゃうと、一部のツイートだけ必要以上に取り上げられる可能性があるので、togetterでまとめる。最近まとめてばかりだね。>自…

「上から教える」 「下から教わる」

ヤンデル先生の「上から教える」について ネットには「上から目線を叩く文化」があるが、多くの人間にとっては、何かの拍子に「上からの目線でやさしく教え諭してもらいたい瞬間」があるのではないかなあ、と思いました。ホンモノの知識人の言うことは難しか…

今日のノートのキーワードは「ダメよ~ ダメ、ダメ」

ヤンデル先生に刺激を受けるという、いつもの話 今回のネタ元は、下記リンク。ヤンデル先生のフェイスブックページの記事。あいかわらずタイトルが長いので、Twitterで引用できないのが困る。 正月ボケですかねえって言ったら先生は平日ツッコミですからねっ…

1月7日のノート

今朝のヤンデル先生のツイートについて、ノートに書き出して考えていた。一応有言実行のつもり。 http://t.co/EJdjWVqljT— psykoma (@psykoma) 2015, 1月 7 ヤンデル先生のツイートの内容をマインドマップ風に書いてみることで、自分なりに内容を整理。それ…

「共感」、「傾聴」、「受容」って何ですか?

「共感」と「傾聴」に関するヤンデル先生のツイート 「何かつらいことがあった人、大変なことがあった人」に向けて、「わかります!」となぐさめの言葉をかけているのをよく見るが、「わかります!私も~~」となった瞬間「なんでこっちが辛い思いしてんのに…