今日のノートのキーワードは「ダメよ~ ダメ、ダメ」

ヤンデル先生に刺激を受けるという、いつもの話

今回のネタ元は、下記リンク。ヤンデル先生のフェイスブックページの記事。あいかわらずタイトルが長いので、Twitterで引用できないのが困る。

正月ボケですかねえって言ったら先生は平日ツッコミですからねってボケられたんだけどツッコめなかった

このあたりの話が気になったので、ノートに書き出した

以下は、記事中より抜粋

「たとえ話」って、真実がどうかとか、内情がどうかとか、そんなところまできっちり全部把握してする必要あるんですかね。

「なんとなく言葉がもつイメージで、自分の言いたいことを相手に都合良く伝えること」で十分かと思いますけどね。

SNSでは重箱の隅をつつくような誤謬の訂正がしょっちゅう行われますけど。「ざっくり伝える」って、すごく大事なことなはずで、あんまり細かいところにつっこみまくっても話が進まないんじゃないですかねえ……。

このあたりの内容は、記事のなかの主張とは少し違うところ。
でも、「たとえ話」の下りが妙に引っかかった。

こういう「たとえ話」ってよく使うし、なによりも精神科関係で言えば、「うつ病は心のカゼです」というフレーズが、正にこれじゃないかと……

そのあたりで、パッと思いついたことを「下衆ノート」に書き留めておいてから、お仕事。

その後、昼休みの間にノートに書きだした結果がこちら。

f:id:psykoma:20150109161814j:plain

 

まぁ、いろいろ書き散らしているのは、いつもの話。あと、万年筆を使っていないのは、3色で色分けしているから。

いつものことであるが、ここからブログのように、まとまった文章に仕上げられないのが思考能力の無さ。

ブログが書けない? そんなんじゃ、ダメよ~ ダメ、ダメ

おまけ