読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分に期待している?

 お前を裏切ってきたやつ

 このツイート。
「そう、その通り。自分は、ダメな奴なんだから」という方向に解釈していくと辛くなる。

このツイートを解釈するのに気をつけること

大抵の人の場合、自分自身に対する目標設定のハードルが高かったり得意なことと苦手なことの把握が曖昧であったりすることに気をつけておくことがポイント。

高く見積もった期待や、できると思っている苦手なことについて、妙に期待すると、自分で自分を裏切ったように感じてしまう。だから、落ち着いて見積もりを立てたり、苦手なことであればうまくできる方法を考えたりする。

こういったツイートを解釈する時は、考える角度の切り替えが大切

例:生活のリズムが乱れる人への指導

例えば、生活のリズムが乱れがちな人。

規則正しく生活しようと「頭の中だけで決心しても、当然上手くいかない。それは、「自分の修正能力」に期待しすぎているわけで。

むしろ、何らかの指示をしてくれる自分以外の存在を利用したり、頼ったりするやり方のほうが、上手くいきやすい。例えば、修正が必要な時にその都度「食事にしなさい」とか、「もう寝る時間です」とかいってくれる人…… 要するに、「お母ん」だよね(笑)


mom / jumpyjodes
 

診療場面で、こういった指導をすると、「自分は一人暮らしだから、誰も助けてくれない」等の様々な言い訳を聞く。でも、そういう人って、スマホもってたりするわけだから、アラームとかリマインダーとか、利用できるモノはいくらでもあるはず。

自分も、最近は細かな用事を忘れることが多くなってきたから、バンバンiPadのリマインダーに放り込んで、忘れた頃に通知してもらうようにしている。

指導する時の注意点

「○○するようにしてくださいね?」「はい。わかりました。気をつけてみます」というやりとりで、指導したつもりになるのは危険。

具体的な対応策をイメージできるところまで持っていくことが求められる。

上手な人って、話の流れの何処かで具体性をもたせている。こういったスキルって、実際にやっている場面を見て盗み取るのが一番なんだけれどねぇ。