読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とにかく、役者を見ろ : DVD「忠臣蔵外伝 四谷怪談」

DVD「忠臣蔵外伝 四谷怪談」視聴

忠臣蔵外伝 四谷怪談 [DVD]

忠臣蔵外伝 四谷怪談 [DVD]

 

 1994年公開作品。いいじゃないか、久しぶりに深作欣二作品見たくなったし、最近高岡早紀を見る機会も増えたし、20年以上前の映画でも。ということで視聴。

 なによりもキャスティングが良い

wikipediaから、キャスティングのコピペ

民谷伊右衛門佐藤浩市
お岩:高岡早紀
お梅:荻野目慶子
伊藤喜兵衛:石橋蓮司
お槇:渡辺えり子
清水一学:蟹江敬三
横川勘平火野正平
お可留:菊池麻衣子
吉良上野介田村高廣(特別出演)
浅野内匠頭真田広之(特別出演)
浮橋太夫:名取裕子(特別出演)
民谷伊織:近藤正臣
宅悦:六平直政
堀部安兵衛:渡瀬恒彦
大石内蔵助津川雅彦 忠臣蔵外伝 四谷怪談 - Wikipedia

ほとんど文句のない布陣。誰もがはまり役で、きちんと演技ができる。これだけで、作品がすごく締まって見えるという当たり前の結果。

ストーリー展開は早すぎた気がする

忠臣蔵」と「四谷怪談」をミックスして、106分という尺。正直、ストーリー展開が早くて強引な印象。だが、それも良い。下手にダラダラやって間延びするよりは、よっぽどマシ。

画は、綺麗だったと思う

20年ちょっと前の作品なので、特撮がアレだとか、松竹100週年記念にしてはセットがアレだとか、ふと考えてしまう部分はあるけれど、深作欣二作品らしい綺麗な画は随所に見ることができる。悪くはない。

評価

ストーリー:50点

ルック:85点

演技:85点

深度:50点

合計:270(/400)点

 で、平均をとって、68点

 まぁ、何よりも。

というのを楽しむ映画ですな。

ちなみに

私にとって、印象的な四谷怪談といえば、かわぐちかいじの「アクター」の「四谷怪談」編。この映画以上に、ドロドロとして情熱的な「四谷怪談」。お勧めです。

 

アクター(6)

アクター(6)