人の「迷い」を吹き飛ばす

フラジャイル 2巻購入

 本日2月23日発売。忘れないうちに、kindleでポチした。

フラジャイル 病理医岸京一郎の所見(2)

フラジャイル 病理医岸京一郎の所見(2)

 

 リアル本屋での迷い

最近、漫画の場合は、ほとんどkindle版で購入している。収納スペース、持ち運びの便利さなどのアクセスの良さを考えると、電子書籍に比重を置かざるをえない。

読書体験の質を考えるのなら、やはり紙の本が良いはず

そうわかっていながらも、本屋で、いろいろと物色をしていても、「あっ、読みたいけれど、これってkindle版出てたかなぁ」と思って手控えてしまう時が、しばしば。
ところが、後でアマゾンなどをチェックした時に、電子書籍化されていなかったら、そのまま買い逃してしまうケースも少なくない。これが問題。

それに関心が湧き上がった、その時に自分のものにする。これが大切なんだよね。

本屋でのポップ

リアル本屋でのポップ。案外重要なのかもね。「迷い」を吹き飛ばして、その場での購入を後押しするためには。

実際、「フラジャイル」に関してもヤンデル先生がいなければ、ここまで即座に購入していることはなかっただろうから。