読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「考える」ではなく、「感じたり」「思ったり」

 目にとまったツイート

「考える」ことができたら、学者と言ってもいい

学者は「考える」ことがお仕事。というか、学者のレゾンデートルは、「考える」こと。
逆に言えば、普通の人は、そこまで「考える」必要はない。「考え」始めたら、それは学者への道を歩んでいるのかもしれないわけで。

「失礼な。自分は、ちゃんと考えている。馬鹿にするな」という反論はあるだろう。でも、世間一般の多くの人は、「考えている」つもりでも、実は「感じたり」、「思ったり」している程度。それで、世の中ちゃんと回って、スムーズに事が運ばれる。こんな理屈っぽくて、わけのわからないことを言い出す奴のほうが、よっぽど、どーかしている。

人生は、パチンコで教わった。

「どうかしてるぜ!」って、言いたかっただけです……

「考える」人は、自分と世間一般との違いについて「考えて」、戦略を練るのが正解。むしろ、それが「考える」ということだ。

このあたりは、マイブームということでw

 「「考える」って何か」は、最近の自分のテーマみたいなものになっているなぁ。あんまり「考えて」いないけど…… orz

「考える」とね、眉間にしわが寄っちゃうんだ - もう一つのノート