読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小気味よいフレーズ

このツイートが気になった

本当は、この二つのツイートの前に、ヤンデル先生が良いお話をしているのだが、今回その部分は割愛。(キット、ダレカガマトメテイルダロウシ……)

 できる人は、巧みなフレーズを使う

「めちゃくちゃライトなお百度参り」「ちっちゃな調律」って、本当に巧みなフレーズ。


百度参り / halfrain

認知行動療法的なアプローチをしている時。

ついつい「これをやったら、大きく生き方が変わる」、「薬を飲まなくても、これで良くなる」といったフレーズで、相手を動かそうとすることがある。
ところが、案外上手くいかなかったりするし、上手くやり始めても、途中で息切れしたりすることがあって、頭を悩ませることが少なくない。

大上段に振りかぶったようなフレーズではなくて、「めちゃくちゃライトなお百度参り」、「ちっちゃな調律」くらいの感覚で動かし始めたほうが、結果的に長続きするような気がする。

もう一つのポイント

認知行動療法的なアプローチを考えた時に、もう一つポイントになりそうなこと。

それは、”「今日も自分で決めたことを遂行できたこと」に安心”を感じることができるようにすること。「安心」というのが肝。自分は、ここを「承認欲求を満たす」という形で考えていたのだけれど、なかなか上手くいかない。
「安心」という切り口って、なかなか良いよね。


Simple Satisfaction / CarbonNYC [in SF!]

その人が、ポジティブに自分自身をメタ的に見れるようになると、安心感を上手く感じることができるようになるんじゃないかと。

ポジティブなメタ視って、何人かでやる「お人形遊び」で鍛えられるんじゃないかと思っている。

どうなのかしらん。

一人遊びではなくて、何人かでやるというところがポイントではあるんだけれど。

 

リカちゃん LD-22 おっとりマキちゃん

リカちゃん LD-22 おっとりマキちゃん