読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しかたないことって、ありますね

同床異夢


Barcelona lovers / aesedepece

「同床異夢」という言葉の雰囲気が、何となく好きでしてね。

「自分のことなんて、誰もわかってくれない」なんて思ったり、そんなことをいう人を目の前にしたりする時には、この言葉を思い出したりするようにしているんですよ。
「うん、しかたないんだよなぁ」って。少しだけでも、そう思えると、心のもやもやしたものが違ってきますから。

とはいっても、相手と全く同じ心もちにならなくても、同じ床にいるというのは、大切なことじゃないかなぁと。
もちろん、同じ床に入るために、それなりのことはやらないといけないし。手順というものがあるわけだから、そこに心を配らないとはいけないんだけれど。

他人の心や気持ちがわかるとか、わからないとか。そういったことにこだわると、お互いしんどくなっちゃいますからね。

だから、まぁ。
床を同じくするところまでは、やってみようじゃないか
そんな感じで、やってみるのが大切じゃないかと。