中学生の時に読んでおきたかったな

こんな本を読んでみたり

君の膵臓をたべたい

君の膵臓をたべたい

 

 なかなか読みやすくて一気読み。「世界の中心で、愛をさけぶ」のポジションなんだろうね。とはいっても、あんまり二番煎じ感もない。むしろ、王道的な印象。

これを中学・高校生の時に読んでいたら、大分影響を受けていたはず……

30年くらい前の自分に、これ読めって、叩きつけてやりたいね。人生が少しマシなものになったような気がする。

こういう作品を、今読むのが自分らしいといえば自分らしい。

ちなみに、こちらも最近読んだが、これも10代のうちに読んでおくべきだった。

 

夏への扉

夏への扉