脚本の妙というよりは……

ようやく第5シーズン

時間があるときに、チョコチョコと見ていた「相棒」。プレシーズンから始まって、ようやく第5シーズンまで到達。第1話の「杉下右京 最初の事件」視聴終了。

よくよく考えていくと、これって横溝作品にしてもおかしくない、人間関係がドロドロとしたエピソード。これを大衆向けのTVシリーズ第1話の作品として着地させているところが、和泉聖治の上手さかな。

あと、「相棒」の面白さは、脚本(ストーリー)の妙というよりは、キャスティングの妙であることの再確認。

真正面に描いていくとトンデモナイことになる、ドロドロとした人間関係の象徴であるヒロインに奥菜恵奥菜恵の存在感で、テレビドラマとして甘くなったストーリー展開に説得力が出たんじゃないかと……

奥菜恵といえば、この時のイメージが強すぎるアカウントがこちら。 

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか? [DVD]

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか? [DVD]