不安な人間は饒舌になる

今日も、良くも悪くもというか、はっきり言ってしまえば、悪い意味で「喋りすぎ」てしまった。

ダメだなぁ……

 

例え、それが「正しい情報」だとしても

目の前の相手に、多くの情報を短時間で与える。そうすると、例え、それが「正しい情報」だとしても、「正しく」理解されにくくなる。

そう、わかっているのに、喋ってしまう。

不安だからだ。

「正しく伝わっていないのではないか?」という不安。

おいらは、その不安に耐えられないんだ、きっと。

 

「正しく」理解してもらいたいのは、自分自身の「気持ち」や「考え方」

「気持ち」や「考え方」を伝えたい時。必要なものは、内容の正しさではなくて、話す相手からの「信頼」なんだよね。

 

「信頼」は、自分と相手の相互関係の中で生まれる。

 

「今、ここで」、伝えたいと思っている相手との間に、どれだけの「信頼」が生成されているのか。その見立てが大切。

 

誰かを説得したいなら、話の「正しさ」を高める以上に、互いの間にある信頼をきちんと「見立てる」方が大切じゃないか?

 

最近、そういうことを意識する場面が多くなってきた。